アラフィフから始める脱毛 いまだからできること

脱毛に関心のある40代50代の女性のために、体験談も含めた情報発信ブログです。

タグ:シェービング

脱毛サロンでもクリニックでも

「脱毛の前日か前々日にムダ毛をシェービングしてくださいね」
「シェービングは電気シェーバーがおすすめですよ!」


と言われます。

じゃあどんな電気シェーバーを準備すればいいの??
ふだん使ったことがなく、購入しようと思ったわたしはとても迷いました。

実際にシェービングしてみた結果、おすすめのシェーバーをご紹介します。

なぜ事前シェービングが必要なの?

光脱毛でも医療レーザー脱毛でも、事前のシェービングは必須です。

なぜならば、毛が長く残っていると光やレーザーがその毛に反応して、肌表面が軽いやけどのようなダメージを受けやすくなってしまうからです。

かといって、毛抜きで抜いたりすると光やレーザーがムダ毛の毛根部に届かないため、脱毛の効果を得られなくなってしまうので絶対にNGです!

脱毛準備に使用する電気シェーバーに求める条件

1.肌を傷つけにくいこと
2.細かいカーブにも対応できること
3.音がうるさくないこと
4.毛が絡まりにくいこと
5.お手入れしやすいこと

実際に使ってみた結果

Panaconic フェリエ(フェイス用) ES-WF-40

image

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ ピンク ES-WF40-P

フェイス用フェリエには何種類かクラスがあるのですが、私が購入したのはもっとも安価なタイプです。
上位機種とのおおきな違いはヘッドがスイングするかしないかです。

ボディとvioのシェービングだけに使う分にはヘッドはスイングしなくても十分きれいに剃れましたよ。

刃が直接触れないようにガードがありますので、肌を傷つけません。

ヘッドが小さいのでVラインやIラインの細かなところもシェービングできます。

音は夜中のバスルームで使用しても気になるほどではありません。

VラインやIラインの長いムダ毛はシェービング前に長さをカットしてから使用すれば毛が絡まって動かなくなるということはありません。
少しずつ剃りながらヘッドの毛を取り除きながらシェービングするほうが肌にもフェリエにも負担が少ないと思います。

水洗いはできないのですが、ヘッドのカバーを外して付属のブラシで毛のくずなどを掃除します。
簡単にできるのでとくに面倒という感じではありません。

Panasonic サラシェ ES2235PP

image

パナソニック レディースシェーバー サラシェ 全身用 ブルー ES2235PP-A

サラシェは全身用シェーバーでフェリエよりはパワーがあり、ヘッドが広いのでスピーディに剃れます。
防水仕様なので入浴中でも使用できるのがメリットです。

刃がネットでカバーされているので肌に直接触れることなく、カミソリ負けなどしにくい構造になっています。
私の場合、ワキの毛穴の凹凸があり、そこに押し当てて何度も往復させて剃ったところ肌が赤くなってしまいました。
なので、自分の肌の状態を確認しながら無理せずシェービングしたほうがよいと思います。

足は範囲が広いのでヘッドの大きいのは便利です。
Vラインは剃れますが、Iラインはこのヘッドの大きさだとちょっと剃り残しが出そうです。

デリケートゾーンは骨格の凹凸や皮膚のひだなどもあるので、サラシェで完璧に剃るというのは難しいかな、と感じました。

音についてですが、夜中のバスルームで剃るには音が大きいです。うちはマンションなので、お隣さんとかまで音が響くと困るので、翌朝皆さんが動き出してから使うことにしました。

毛の絡まりは特に感じませんでしたが、長い毛はカットしてからでないとサラシェのパワーが強い分、毛が引っ張られて痛いのではないかと思います。
ヘッドの状態を確認しながら、毛が絡まっていたら取り除きながらのほうがよいです。

お手入れは水洗いできるので使用後に、ヘッドのメッシュネットをはずして水で流し、よく水をきって乾かせばOKです。

脱毛前処理に顔用フェリエとサラシェはどちらがおすすめ?


どちらか一つを買うとすれば顔用サラシェです。

理由は・・

・小回りがきくので細かいデリケートな部分もシェービングが可能なこと。

・音がうるさくないこと

・肌に優しいこと

です。

脱毛サロンのミュゼや銀座カラーでフェリエ(顔用)をおススメされるのも納得のいく結果でした!

準備は毎回のことなので使いやすいシェーバー選びは重要です。
ご参考にしていただけると嬉しいです♪

アリシアクリニックでVIO脱毛を開始したアラフィフ主婦のまっさんです。

20代、30代の女性と違って、わたしのような40代後半の女性にとってVIOのお手入れはそんなに身近なものではないと思います。

おそらく40代から50代以上の年齢だとVIOのムダ毛のお手入れしてきたひととしてないひとと、パッカリ二分されるのではないでしょうか。

わたしはもちろん後者の、水着を着るとき以外はあまりお手入れしてこなかった派です。

で、今回VIO脱毛の1回目の準備をするにあたってシェービングで苦労したお話をします。

事前シェービングに必要なもの


アリシアクリニックで言われたのは、事前のシェービングに使用するシェーバーは顔用のものにしてください、ということです。

つまり肌を傷つけてしまうような深剃りタイプのシェーバーは使用してはいけないのです。

いろいろ調べた結果、私はパナソニックのフェリエという眉や顔の産毛を剃る電動シェーバーを近所のノジマ電気で購入しました。価格は2500円前後だったと思います。ちなみに品番はES-WF40-Pです。

ヘッドが動くタイプのワンランク上のものもありましたが、実際VIOの前剃りに使用する分においてはそのような機能は必要なく、普通のタイプで十分でした。

どうやって剃るかという問題


アリシアクリニックはVIOの中でOゾーンは脱毛の施術前に無料でシェービングしてもらえます。しかし、VとIは自分で剃っていかねばなりません。

有料でシェービングサービスもあるそうですが、2000円かかりますし、予約の時に事前に申し込んでおく必要があります。

Vラインのシェービング





まずVラインはアリシアクリニックで渡されたVラインのプレートをビキニゾーンにあて、プレートの外側のムダ毛を剃ります。

日ごろお手入れをさぼっていた私のアソコは毛が生えたい放題で長さもあります。このままフェリエで剃るとフェリエが壊れそうだし、毛が引っ張られて痛そうだったので、シェービング前に眉用の小さなはさみを使って長さを短くしました。

その後フェリエを当てて少しずつ剃ります。フェリエはその華奢なボディにもかかわらず結構パワーがあり、順調にシェービングできました。足の付け根などまがった部分は皮膚を引っ張ったり足を伸ばしたりしながらシェービングしないと剃り残しができそうなので結構気を使いました。

Iラインのシェービング


シェービングしてみて初めてIラインの毛を真剣に見ることになりました。女性としてこれまでの怠慢を反省しましたよ(苦笑)。

Iラインの前処理は太もものラインから指2本分内側の毛にフェリエを当てていきます。

Iラインで苦労するのはシェービング時の体勢です。私の場合浴室の洗い場に立った状態で片足を湯船の縁にかけ、Iラインが良く見えるようにして少しずつ剃りました。

VラインやOラインとの境目がどこなのかよくわからないので、とにかく範囲を広めに剃ることを心がけました。

注意!VIOの事前シェービングは思ったより大変


Iラインでこんなに苦労するのにもしOラインも自分で前処理ということになったら絶対無理!と思います。脱毛サロンやクリニックを選ぶ際にはシェービングサービスの有無がかなり重要、ということがわかりました。

私の場合、それまでお手入れしてなかったこと、シェーバーの取り扱いに慣れていなかったことなどの理由でVとIのシェービングに30分以上かかってしまいました。

苦労した結果翌日のVIO脱毛の施術は何も注意を受けずにスムーズに進みました。

次回からは毛も若干減っているはずだし、慣れもあるのでもう少しササッと事前準備ができるかな、と思います。

VIO脱毛前の事前シェービングについて|まとめ


シェービングには顔用電気シェーバーを使うのが正解です。VラインIラインとも剃りにくい部分が多いので顔用のヘッドが小さいシェーバーでないと剃り残しがでてしまうからです。

電動シェーバーには皮膚を傷つけないようにガードカバーがあるので、間違って肌を切ってしまうリスクもありません。持っていない場合、出費は痛いですが脱毛が完了するまで使用するものなので、電動シェーバーの購入をおすすめします。

はじめてのときは慣れないので時間がかかることを覚悟して、余裕を持って準備したほうがよいというのが今回学んだことでした!

わたしが前準備に使用したシェーバーを実際に使用したレポートはこちらです。
↓↓↓
脱毛前の準備、シェービング用おすすめ電気シェーバー

【医療レーザー脱毛】アリシアクリニック

このページのトップヘ