最近は脱毛も低年齢化が進んでいるようで、小学生から脱毛サロンに通うお子さんもいるみたいですね。

実際ミュゼにも小中学生が来ているそうです。
ママがもともとミュゼのお客さんで、痛くないから安心と思って子どもにも勧めるらしいです。

なぜ子供に脱毛をすすめるの?


「10代の頃からムダ毛の自己処理が大変だったから」

というお母さんたちの経験によるもののようです。

たしかに10年ほど前までは、脱毛は現在のように気軽に通えるような値段ではなかったですし、痛いものだったと思います。

最近は低価格化が進んだことや、脱毛機の進歩によって痛みも少なく美容院感覚で通えるエステサロンがメジャーになっています。

そこで30代40代のママたちが脱毛を体験してみてその良さに気づき、

「もっと早くやっておけばよかった!」

と、自分の娘にはムダ毛の苦労はさせたくない、という思いから小中学生のお子さんにもすすめるらしいです。

何歳から光・フラッシュ脱毛を受けられるの?


「生理が来ていて周期が安定していたら脱毛の施術は可能」

というサロンがほとんどです。

ホルモンのバランスが安定してきたらOKという理由のよう。

ホルモンのバランスが安定してからでないと、脱毛してもすぐに生えてきてしまうことがあるそうです。
ただし、生理がきていても、子供の頃脱毛して大人になってからまた脱毛が必要になる場合もあり、そのことを理解したうえで施術を受けてもらうようにしているとのこと。

そもそもエステサロンの脱毛は毛母細胞を壊して発毛しなくする、というものではなく、毛を減らしたり、発毛を抑制したりする処置なので、永久に毛がない状態を目指すものではありません。

永久でなくても、エステで脱毛するだけでも自己処理の手間がずいぶん軽減されるのでわたしはいいと思います。

子供自身は脱毛したいのか?


小中学生がメイクをするのが当たり前になっているように、ムダ毛も処理して当たり前な感覚なんでしょうね。

プールの授業で毛が水に濡れると結構目立ってしまうので、男子にからかわれることもあるそう。

ムダ毛のことでいじめられたりするとかわいそうなので、できることなら脱毛したい、させたい、と思うハズです。

あとは、子供に人気のお稽古事、スイミングに通っているならムダ毛のお手入れはマストですね。
自己処理を頻繁に行うぐらいなら、可能な年齢になったら脱毛してしまったほうがよいでしょう。

カミソリ負けすると、肌が荒れてしまいますし、色素沈着を起こすこともあるので自己処理はおすすめできません。

お子様のムダ毛処理が気になったら近くの脱毛サロンに相談してみてはどうでしょう。
施術テクが心配なら、お母さんご自身が先に試してみると安心ですよね!

ミュゼプラチナムの脱毛についてくわしくはこちらをどうぞ。