アラフィフから始める脱毛 いまだからできること

脱毛に関心のある40代50代の女性のために、体験談も含めた情報発信ブログです。

2018年10月

痛くない脱毛機のはなしです。

わたしは医療レーザーも光脱毛も経験済みですが、痛くて通えないと思ったことはありません。

なぜならば、わたしの「痛さ」の規準が、若いころに経験したニードル脱毛の激痛だからです(笑)。

なので、多少、パチンっとはじかれたような痛みを感じても、苦痛ではないのです。

でもきっと世の中には、痛みに弱いひともいますよね。

そこで、以前から気になっている、痛くない脱毛を掲げている、

脱毛エステサロン ディオーネ

を紹介したいと思います。

ディオーネで採用しているハイパースキン脱毛とは?

ハイパースキン脱毛のしくみは一般的な光脱毛とは違います。

一般的な光脱毛は、成長期の毛が生えている毛穴奥の毛根部の黒いメラニン色素に光を反応させて熱を発生させ、毛乳頭にダメージを与えることで毛が生えるのを抑えるしくみです。

一方で、ハイパースキン脱毛は、毛根部に熱でダメージを与えるのではなく、毛穴のバルジ領域と呼ばれるところの発毛因子(毛のタネ)に働きかけて抑毛します。熱くはなく温かい程度の温度なのでやけどの心配はありません、

メリットとしては、毛が生えていない毛穴の発毛因子にも抑毛効果を与えることが出来るので効率がよいこと、温度が低いのでやけどの心配はなく、肌の弱い人にも使えるということです。

仕組み上、一般的な光脱毛のように生えている毛が抜け落ちる、という実感は感じられませんが、何回か続けていくうちにだんだん毛が薄くなってきているのに気づく、といったイメージです。


ハイパースキン脱毛は産毛や白髪でも大丈夫

一般的な光脱毛は、毛の黒色に光を吸収、反応させるという仕組み上、毛色の薄い産毛には効果が出にくく、白髪では効かないという欠点がありました。

これって我々アラフィフ以上世代にとっては結構不利ですね。

でもハイパースキン脱毛であれば、黒色に反応させる仕組みではないので、産毛や白髪にもしっかり効果があります

ちなみに、肌との色差も関係ないので色黒肌や黒ずみが気になるデリケートゾーンも大丈夫ということになります。


ハイパースキン脱毛は子どもの肌にも施術可能!

肌ダメージの心配がないこと、痛くないことから、ディオーネではお子様の脱毛にも対応しています。

ハイパースキン脱毛で使用されている脱毛機は、『KAREN』というもので、開発者はご自身の娘さんのために開発されたということなんです。

 「福岡でエステサロンを経営していたとある社長が娘のために脱毛機器を開発し、その機器を当サロンが導入したのがはじまり。当時小学1年生だった彼女は毛深くていじめられていたそうで、こまめにカミソリでお手入れしていたが、肌荒れしたり、チクチクしたり、はたまた誤って切ってしまったり。それを見ていた父親が、紆余曲折の末、子どもでも施術できる脱毛機器を考案。子どもでも使えるということは敏感肌のお客様にも対応できるということで、評判が口コミで広がっていった。そんないきさつがあり、創業当初から大人の女性向け脱毛とキッズコースの両輪で展開している」



今小学生もおしゃれやメイクに興味があるので、ムダ毛については我々の子ども時代とは比にならないくらい、気にしますよね。

ましてや、からかわれたり、いじめのきっかけになってしまうのは切ないです。

かといって、子供に痛い思いはさせたくないし。。。

そんな子供やママの要望にしっかり応えられるのが、ディオーネのハイパースキン脱毛なのです。


ついでに美肌も手に入るというお得感が◎

ディオーネでは全身脱毛、VIO脱毛、顔脱毛、いろいろ選択肢はあるのですが、

なんといってもハイパースキン脱毛の”美肌効果”を実感するには顔脱毛がよいとおもいます。

なぜ脱毛なのに美肌?と疑問だったのですが・・・

ハイパースキン脱毛で照射する光の中には、コラーゲンの生成をサポートするフォトフェイシャルにも使用される光が約3割含まれているんだそうです。

コラーゲンの生成が促進されると何が良いのか?

・肌のハリ、ツヤがUP
・保湿力が高まる
・キメが整う
・毛穴が目立たなくなる

などなど、実感するそうです。どれも気になることばかりで試してみたい~。

顔は特にやけどなんかしたら大変ですし、この歳になるとかえってシミなんかになったら最悪だし、と脱毛する候補から除外してたんですが、ディオーネならやっても良いかな、と思わせる理由は十分にありますね。

ディオーネは何と全国に120店舗もある

以前からディオーネの名前や「痛くない脱毛」については知ってはいたんですが、120店舗もあるとは知りませんでした。

調べてみると家から通えそうなエリアにもありました!

ホームページを見ると、今、お顔まるごと体験会3240円、というキャンペーンがありますね。

たぶんトライしてみるつもりなので、結果は後日ご報告しますね♪


久々のブログとなってしまいました、アラフィフ主婦のまっさんです。

実は3月にアリシアでVIOを終えたあと、4月からミュゼでひざ下脱毛を始めたんです。

その1年前にミュゼのキャンペーンでひざ下は一度経験済みなのですが、そのときはワキ+Vラインだけしか契約せず、ひざ下は見送りました。

でも春先、急にひざ下のムダ毛がとても気になってしまい、久々にミュゼを訪問するに至ったのです。

なぜひざ下を脱毛したいと思ったのか?理由は3つ

急にやりたくなっちゃったんですよね、脱毛。

第1の理由は、少し前から通い始めたパーソナルストレッチジムです。

マンツーマンでトレーナーさんに体を伸ばしていただくのですが、脚を伸ばすときにヨガパンツがめくれてひざ下が見えてしまうことがよくあるんです。

で、冬だからと思って自己処理を怠けていて伸び放題のすね毛を一回り以上年下の男性トレーナーさんにしっかり晒してしまったのです。

恥ずかしいというより、見苦しいものを見せてしまって申し訳ない気持ちになりました。。

2番目の理由は、すね毛がおじさんのような剛毛で毛足が長く見苦しいからです。

もし私のすね毛が産毛もしくは細い毛だったら脱毛はしなかったと思います。

でも、とにかく濃くて長い毛がまばらに生え散らかしていて、イヤーな感じなんです。

なぜまばらなのかというと、若かりし頃、大枚をはたいてニードル脱毛を始めたんですが、ワキはともかく、ひざ下のニードル脱毛が痛くて痛くて、毎回脂汗がでるぐらいでした。

さすがに当時の有名エステサロンのスタッフさんをして、「もうやめておきましょうか?」と言わせるぐらい辛く、途中でギブアップ、毛もまばらなまま、これまでひざ下を放置してきたんです。

そのせいで、春も夏も生脚NGで通してきました(今思うと早く脱毛しておけばよかったです)

3番目の理由は、自己処理で毛抜きで抜いてきたせいで毛穴がボツボツで埋もれ毛もあって、しかも肌もざらざら、という汚い肌を何とかしたかったからです。

剛毛なので、シェーバーで剃っても結局黒ゴマみたいになってジョリジョリするので抜いてたんですが、抜いても抜いてもまたしつこく生えてくるんですよね、当たり前化もしれませんが。。

で、毛が生える⇒抜く⇒肌が汚くなる という悪循環を断ち切りたいと思いました。

ミュゼの脱毛を選んだ理由は、効果と立地

単純な理由ですが、一度ミュゼで体験済みだったので、ちゃんと抜ける、ということがわかっていたからです。

そして、わたしの家から近い場所、通える範囲に3店舗あったので、どこかは予約がとれるだろう、と思ったからです。

値段だけで言うともしかしたらもっと安いところがあったかもしれないです。

効果のことを言ってしまうと、医療脱毛のほうが少ない回数で効果があるでしょうし、永久脱毛です。

要は優先順位の問題で、私の場合は通いやすいところで、美容院感覚で気軽に脱毛したかったのでミュゼを選びました。

ミュゼのひざ下脱毛の料金について


ミュゼではパーツごとの脱毛契約が可能で、SパーツやLパーツと呼ばれています。

両ひざ下の脱毛は、Lパーツに分類されます。

4回以上のコースを契約すると、公式アプリ”ミュゼパスポート”をダウンロードすることで料金が半額になります。

わたしは今回、Lパーツ8回コースで契約し、税抜36000円でした。

スタッフさんからは、約18回通うと完了すると言われましたが、結構気の遠くなる回数なので、

「取り敢えず8回やってみてから考えます」

と言って、8回にしました。

デイタイムコースという、平日の開店時から18時までの脱毛限定の割引コースもありますが、平日昼間はパートの仕事に出ているので、私の場合は普通のレギュラーコースです。

ミュゼには最短2週間に1度施術を受けられる有料会員がある

カウンセリングのスタッフさんからは、「ミュゼスターメンバーシップ」という入会料32400円の有料会員の仕組みの説明をうけました。

会員になると、2週間に1度施術を受けられて、予約も優先的に入れてもらえるとのことでした。

会員にならないと、次の予約が2か月後になることもザラだそうです。

さすがに入会金32400円は高すぎるし、別に急いで脱毛しなければいけないわけでもないので、会員には入りませんでした。

思ったんですが、もし自分が若いころだったら、有料会員の制度やメリットを説明されると断りきれずに入ってたかもしれないな、と。

この歳になると、要らないと思えばあっさり断ることができるんですよね。

また、スタッフさんのことを悪くも思いません。

「勧誘されてていやだな」とかも思わないです。

必要なものとそうでないものの区別がつくし、その意思表示ができるのは大人のメリットかもしれませんね。

ミュゼの有料会員にならなくても予約はとれます

これまで4回脱毛に通ってるんですが、普通に2か月に1度、自分の都合の良い時に予約取れてます。

たしかに近くの3店舗のうち、1店舗だけ予約があまり詰まってないお店がある、という理由もあるかもしれません。

でも結構直近でキャンセルが発生するみたいで、まめに空き状況をチェックしておくとそんなに予約を入れるのは難しくありません。

平日の5時台とか6時台とか中途半端な時間がねらい目かも。あとは日曜の夕方とかも。

たぶんお店の立地によって予約空き状況の癖があるのだと思います。

ミュゼのひざ下脱毛料金はそこそこだけど通いやすいのが◎

今のところ、ミュゼでひざ下脱毛をしていて、予約などのサービス面ではまったく不便はありません

あ、ただ1度だけ5分ほど遅刻しそうになって、電話連絡した時に、

「5分以上遅刻するとその日は来ていただいても施術できないかもしれません」

と言われたことがありました。

さすがに予約を取り直すのは面倒なので、

「とにかくお店へうかがいます!」

と強行突破?して、脱毛をしてもらったことがあります。

本当にご迷惑をおかけして申し訳なかったな、と反省です。

みなさんも遅刻にはくれぐれもお気をつけあそばせ・・。

ひざ下脱毛の効果についてはまた後日報告いたします!



このページのトップヘ