アラフィフから始める脱毛 いまだからできること

脱毛に関心のある40代50代の女性のために、体験談も含めた情報発信ブログです。

2017年06月

脱毛サロンやクリニックで脱毛した後、当日は避けなければいけないことがあることを知ってましたか?

わたしは予約を入れた日の夜、近所の温泉へ行く予定をすっかり忘れていました。

で、脱毛時の注意点をよく読んだところ、脱毛後は温泉に浸かるのはNGと知って、ミュゼの予約を変更したという経緯があります。

脱毛サロンの予定自体は1時間以内で終わるのですが、その後の予定のことも考えてスケジューリングが必要なんです!

わたしの経験も踏まえ、脱毛後にやってはいけないと言われたことをまとめますね。

プールはNG


そもそも40代50代の女性はスポーツジムで着替えたりシャワーを浴びたりするときにアンダーヘアが気になって脱毛することが多い、とミュゼのスタッフさんはおっしゃってました。

なのでジムに日常的に通っているひとは脱毛サロンのスケジュールには注意が必要です。

脱毛後はお肌がダメージを受けていて肌のバリア機能が弱まっているので、外からの刺激にデリケートになっています。

プールの塩素も肌に厳しいですし、雑菌が入るのも心配。
プールで毎日運動したいのはやまやまですが、脱毛をした後は我慢しましょう。

運動はNG


プールだけでなく、汗をかく運動も避けたほうがよいそうです。ヨガやピラティスなどもこの日は我慢。

体を動かすと肌が熱を持ってしまうからです。

脱毛後のお肌は、レーザーよりも弱い光だったとしても、軽くやけどを負ったような状態となっています。なので冷やす方向でほてりをしずめるのです。

その状態で運動をして体温を上げてしまうと、やはりお肌にはあまり良くないのは明白です。

ジムへ定期的に通っている人や、特定のクラスに参加している場合は、その日に当たらないように脱毛をスケジュールしたほうがよいですね。

湯船や岩盤浴はダメ!


湯船につかるのもだめなんです。

雑菌が入りやすいことと、体を温めるので肌の炎症が鎮まらないという理由のため避けたほうがよいと注意されると思います。

同じ理由で、岩盤浴やサウナはもってのほかです。

女性はとくに冷えは厳禁なので、湯船につかってあたたまることは大切なのですが、脱毛した後はシャワーをサッと浴びる程度にして肌を安静にしてあげましょう!

ナイロンスポンジなどで肌をごしごし洗うのもダメですので注意しないとです。

わたしは何も考えずにナイロンタオル+ボディソープで洗ったら、Vラインがちょっと赤くなってしまいました。

あせってすぐ保湿しましたけど。。。危ない危ない。

脱毛が手軽になったので、ついついお肌にダメージがあることを忘れがちです。

ミュゼのスタッフさんにも言われたのですが、脱毛後のお手入れで脱毛効果がずいぶん変わるんだそうです。

同じお金と時間を割いて脱毛するのですから効果は最大限にしたいですよね。

プロのスタッフさんの言うことをしっかりきいて脱毛を続けます!



最近は脱毛も低年齢化が進んでいるようで、小学生から脱毛サロンに通うお子さんもいるみたいですね。

実際ミュゼにも小中学生が来ているそうです。
ママがもともとミュゼのお客さんで、痛くないから安心と思って子どもにも勧めるらしいです。

なぜ子供に脱毛をすすめるの?


「10代の頃からムダ毛の自己処理が大変だったから」

というお母さんたちの経験によるもののようです。

たしかに10年ほど前までは、脱毛は現在のように気軽に通えるような値段ではなかったですし、痛いものだったと思います。

最近は低価格化が進んだことや、脱毛機の進歩によって痛みも少なく美容院感覚で通えるエステサロンがメジャーになっています。

そこで30代40代のママたちが脱毛を体験してみてその良さに気づき、

「もっと早くやっておけばよかった!」

と、自分の娘にはムダ毛の苦労はさせたくない、という思いから小中学生のお子さんにもすすめるらしいです。

何歳から光・フラッシュ脱毛を受けられるの?


「生理が来ていて周期が安定していたら脱毛の施術は可能」

というサロンがほとんどです。

ホルモンのバランスが安定してきたらOKという理由のよう。

ホルモンのバランスが安定してからでないと、脱毛してもすぐに生えてきてしまうことがあるそうです。
ただし、生理がきていても、子供の頃脱毛して大人になってからまた脱毛が必要になる場合もあり、そのことを理解したうえで施術を受けてもらうようにしているとのこと。

そもそもエステサロンの脱毛は毛母細胞を壊して発毛しなくする、というものではなく、毛を減らしたり、発毛を抑制したりする処置なので、永久に毛がない状態を目指すものではありません。

永久でなくても、エステで脱毛するだけでも自己処理の手間がずいぶん軽減されるのでわたしはいいと思います。

子供自身は脱毛したいのか?


小中学生がメイクをするのが当たり前になっているように、ムダ毛も処理して当たり前な感覚なんでしょうね。

プールの授業で毛が水に濡れると結構目立ってしまうので、男子にからかわれることもあるそう。

ムダ毛のことでいじめられたりするとかわいそうなので、できることなら脱毛したい、させたい、と思うハズです。

あとは、子供に人気のお稽古事、スイミングに通っているならムダ毛のお手入れはマストですね。
自己処理を頻繁に行うぐらいなら、可能な年齢になったら脱毛してしまったほうがよいでしょう。

カミソリ負けすると、肌が荒れてしまいますし、色素沈着を起こすこともあるので自己処理はおすすめできません。

お子様のムダ毛処理が気になったら近くの脱毛サロンに相談してみてはどうでしょう。
施術テクが心配なら、お母さんご自身が先に試してみると安心ですよね!


アリシアのVIO脱毛、前回から約3か月後、2回目の施術を受けてきました!
今回はちょっと痛かったことをレポートします。

予約時間の約10分前に到着したのでお手洗いを済ませ、待合室で待ちます。
予約時間より多少前に名前が呼ばれ、案内されました。
f55e9fb993b8b72d3f4c084ec8f132a8_s

脱毛施術の準備、着替え


今回は2回目ということもあり、看護師さんも

”準備はもうわかってますよね?” といったていで、

「下だけ紙ショーツにはきかえてくださいね、細いほうが後ろにくるようにお願いします。」

とサラッとおっしゃっていったん部屋を出て行かれました。

わたしも前回のことを思い出しながら、着替えをしたのですが。。。

「ショーツのひもっぽいのがお尻のほうにくればいいんだっけ???」

と急にわからなくなって不安になりました。

でもOラインの施術のことを考えると、おそらくヒモがお尻側のハズ、と思いとにかく着替えて待機。

看護師さんが入ってこられたので念のため聞いたら、まちがいありませんでした。

次回から紙ショーツのはきかたは「Tバックと同じ」と覚えておくことにします!

2回目は照射パワーをアップ

レーザー脱毛機は痛みの少ないメディオスターを使います。

前回は本当に痛くなかったので、痛みはないものだとたかをくくって2回目に臨んだわたしです。
でもその認識は間違ってたらしいです。

今回の看護師さん曰く、

「2回目なので前回より照射パワーをアップしたいので、もし途中で痛かったらおっしゃってくださいね」

とのこと。

痛みに対して何の覚悟もなく来てしまったので、若干動揺しながらVラインの照射からはじまりました。

たしかに。。。

「あれ?なんか痛い、パチッとくる」

前回とは違った感じです。

特に我慢できないというほどのことではありませんが、
いつこの「パチッ」が来るのかと思うと、イヤーな汗が出てきましたよ。

施術の体勢がきつかったIライン

あっという間にVが終わり、次はIラインですが、シェービングの状態をチェックした看護師さんはおもむろに、
「ちょっとカミソリ当てさせていただきますねー」
とサササッと剃り残しをそってくださいました。

次回はもっとしっかり広めの範囲を剃ったほうがよさそうだと反省しました。

Iラインもレーザーの出力を上げたようで、前回よりパチッと痛みを感じました。
でもきっと黒ずんでるからそこまで出力は上げられなかっただろうな、という印象。

痛みよりも施術の体勢がきつかったです。

わたしは右の股関節が硬くて、ひざを曲げて横に倒して開くのが苦手なんです。
でも、看護師さんから、

「もう少し足を倒せませんか?」

と言われてしまい、頑張って右ひざを外側に開いたのですが、途中で股関節がつりそうになりました。

その後2,3日は右股関節に変な痛みが残ってしまいました。
体が硬い私が悪いのですが、少しストレッチして柔らかくしないと、と思ってます。

Oラインも痛かった

Oラインは1回目のときは全く痛みを感じなかった箇所です。

しかし。。。今回は痛かったです。

まず事前のシェービングの時にもしかして傷がついた?疑惑があります。

そこにレーザーが当たって痛かったのもあると思うのですが、全体的に熱い感じと痛みがありました。

やっぱりわたし、むかし、痔のように肛門から出血したことがあるから皮膚が弱いのかもしれません。

施術時間は約20分

今回は2回目なので看護師さんからの説明的なものも最小限でした。
それもあって、着替えてから部屋をでるまで30分以内でした。
ベッドの上にいたのはせいぜい20分ぐらいだったのではないでしょうか。

前回同様、施術後はお風呂に浸かるのはだめ、とかアルコールはNGとかの説明を受けました。
もし赤みや炎症がでたら前回わたされたお薬を塗ればよいそうです。

隣のお部屋の声

今回はお隣で施術を受けてられるかたの声がよく聞こえました。

「痛い」、「イタッ!」

という内容。何度もおっしゃってたので、痛そうでした。

しかし、だからといってレーザー照射の出力を落としてるふうでもありませんでした。
「大丈夫ですか?」、「大丈夫です」
というやりとりも聞こえてきましたから。。。

わたしはもじ次回、また出力があがって痛かったら、我慢せずに出力を下げてもらえるように看護師さんにお願いしようと思ってます。

以上、アリシアクリニックでのVIO脱毛2回目がちょっと痛かったというレポートでした!

このページのトップヘ